シーリング工事と防水工事

シーリングの劣化は「雨漏り」「ひび割れ」の原因に!

シーリング工事とは?



シーリング工事とは、外壁のボードとボードのつなぎ目(隙間)をシーリング材で埋める工事です。
この他、サッシの金具と壁のつなぎ目などにも行われます。
シーリングをする目的は、つなぎ目から侵入する「雨漏りを防ぐ防水性」と地震などにより建物が揺れた際に「伸縮性により建物を守る耐震性」にあります。




シーリングの劣化


シーリングは環境によって異なりますが、紫外線の影響を受け約5年を過ぎたあたりから劣化がはじまります。
劣化が始まると、その「防水性」「伸縮性」を徐々に失い、最終的には雨漏りや外壁のひび割れの原因になります。
雨漏りや外壁のひび割れは建物全体の劣化速度を一気に加速させる要因となりますので、気になることがあれば、すぐに専門家に相談しましょう。




大島塗装店が使用するシーリング材

一軒家の壁は、大きく分けて以下の2種類に分かれます。

  • コンクリートやモルタルなどによる塗り壁
  • 外装材を貼るサイディング

最近ではサイディングにより建てられる家が多く、このサイディングのつなぎ目には必ずシーリングが施されています。
ですから、サイディングの家を外壁塗装する際はシーリングの打ち替えを一緒に行うことが多くなります。




せっかく高級塗料で外壁塗装をしたのに、シーリング材の耐久性がなければ良い工事とは言えません。
大島塗装店では、「耐久性」「耐候性」「伸縮性」「接着性」「外壁塗装との適応性」に優れたシーリング材を使用しております。




オートサイディングシーラント

この、オートサイディングシーラントは、サイディングのジョイント用として開発されたシーリングです。




大島塗装店は、シーリングの打ち替えの他に、ベランダや陸屋根のウレタン塗膜防水などの経験も豊富です。
少しでも気になる事がございましたら、ご連絡ください。
雨漏り診断士が無料で診断にお伺いします。




ベランダ防水
屋上防水

屋上やベランダ、バルコニーといった雨水の溜まりやすい場所では、塗装工事よりも防水工事がおすすめです。

液体の樹脂やウレタンゴム系の材料を下地に塗ることで、継ぎ目のない丈夫な防水層を作ることができます。
また、複雑な場所でも簡単かつ確実に施工できる特徴がありますので、近年、さまざまな場所で取り入れられるようになっています。

施工の際、臭いや熱が発生せず、撤去する廃材も出ないので、周辺に与える影響が少ない工事です。

◇おすすめの施工箇所

屋上・ベランダ・外廊下など

◇防水工事の長所

・防水層が軽量なので、建物に負担をかけない
・継ぎ目のない美しい仕上がり
・複雑な形状の場所にも施工可能
・既存の防水層の種類を選ばず、環境にも優しい

外壁塗装、雨漏り修繕のことなら大島塗装店

【TEL】078-585-7709
【所在地】神戸市垂水区名谷町1262-A101
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】垂水区を中心に神戸市エリア

一覧ページに戻る